雪道は油断大敵

雪道は油断大敵

雪道を車で走るときには、いつどんなことが起こるかわかりません。たとえ今は天気がよくても吹雪いてくる可能性はあるし、思っていたより道路が凍結して滑ることも…。冬の北国をドライブするときは、いろんな状況を想定した準備が必要です。

絶対に欠かせないのは、タイヤチェーン。私はスタッドレスタイヤなんだから、チェーンは無くてもいいんじゃないかと思っていました。でもそれだけではアイスバーンを走行できないこともあるのだと、長年冬道を走っているドライバーが言っています。

冬道のドライブには、ジャッキも欠かせません。付属パーツにも不備がないか、入念にチェックしておきましょう。

以前、出先でチェーンをつけたときは古くなった布が役に立ちました。チェーンをタイヤにつけるとき、ヒザの下などに敷くと体や服を汚さずに済みますよ。新聞紙などでもいいですね。ちょっとトランクの場所はとりますが、隅に置いておくとイザというときに何かと助かります(^^)

針金・ガムテープ・長靴、そしてゴム手袋と軍手も必須アイテムです。軍手だけでもいいのでは?と思わう人もいるでしょう。北国の冬の寒さを甘く見ていては、痛い目に遭います。外に出て作業をしていると、雪で濡れた軍手が凍って指がかじかんでしまうことがあるんです。

それがゴム手袋だと、布製の軍手と違って凍ることもありません。それにゴム手袋なら手首まで隠れるので、服の袖口も汚れずに一石二鳥です。

それから懐中電灯も必ず用意しておきます。昼間のうちに出かけて、暗くなる前に帰ってくるつもりで出かけても、予定通りにいかないこともあります。冬は暗くなるのも早いです。暗い中ではチェーンをつけたり外したりするのも一苦労ですが、懐中電灯があれば手元を照らすことができます。

そして、牽引ロープやブースターケーブルを用意しておいて、助かることがあっても困ることはありません。冬道では「まさか」ということが起こるもの。大丈夫だろうという根拠のない自信は禁物です。

フィットシャトルインサイト

動物飛び出し注意の看板に注意

道外では見慣れない看板を、北海道ではあちらこちらに見かけます。一体あれは何を意味しているのだろう?と看板に気をとられているや否や、その答えがすぐにわかることも…。

北海道ならではの標識といえば、動物飛び出し注意を意味するものです。北海道では、エゾシカやキタキツネが飛び出してきたり、道路の真ん中に立っていたりすることも日常茶飯事。全く珍しいことではありません。

特に、夕方以降はエゾシカへの注意を怠れません。エゾシカは、群れでいる動物です。そのため、道路を1匹横切ったと思ったら、次から次へと続くこともあります。また、親子でいることも多いです。

エゾシカが原因の事故は、北海道に住む多くの人が経験しています。

エゾシカは突然道路に飛び出してきます。そのままさっと道路を横切ってくれさえすれば、事故には発展しなかったのに…ということもあります。車のライトに驚いたエゾシカは、道路の真ん中でピタリと立ち止まることが少なくありません。車のブレーキが間に合えばいいのですが、止まりきれなければ正面衝突。

ケガはしなかっただろうか…なんて、轢いてしまったエゾシカを心配している場合じゃありません。大人のエゾシカとまともにぶつかれば、心配が必要なのは車の方。フロントガラスをエゾシカが突抜け、大事故になってしまうケースもあります。

また、エゾシカをよけようとハンドルをきったばっかりに、対向車とぶつかったり路肩に落ちてしまったりすることもあります。エゾシカ注意を促す標識を見かけたら、スピードを落として周りに注意を払いながら運転することをおすすめします。

北海道に住んでいる人が、キタキツネにエサを与えることはまずありません。ですが、その可愛らしさから、ついエサをあげてしまう道外のドライバーや観光客が大勢います。運転中にキタキツネを見つけても、エサを与えることは絶対にしないでください。

キタキツネは人間からエサをもらうことを覚えると、今度は自分で獲物をとろうとしなくなります。そうすると、餓死させてしまいかねず、逆にかわいそうなことをしてしまうのです。ドライブ中に見かけたキタキツネは「かわいいな」と思うだけにとどめてください。

セレナ